読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽地獄!

鍵盤楽器を弾くひきこもりです。

山下洋輔の本がjazz練習のバイブルになるかもしれない。

これ割と勉強になるかもしれない。

 

山下洋輔のジャズの掟新装丁版 [ 山下洋輔 ]

実家帰ったんですけどね、見つけたんですよこの本を。おそらく父がブックオフとかで買ってたんじゃないかなあ。

 

jazz理論の本をパラパラと買ってみたりするのだけどなかなかパッと演奏に結びつかないなあと感じていた矢先の出来事でした。

 

 

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山下洋輔(ヤマシタヨウスケ)
1969年、山下洋トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。内外の一流ジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やオーケストラとの共演など活動の場を広げる。’88年山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。’99年芸術選奨文部大臣賞、’03年紫綬褒章受章。国立音楽大学招聘教授、名古屋芸術大学客員教授。演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる

香取良彦(カトリヨシヒコ)
鍵盤・鍵盤打楽器奏者、作編曲家。5歳からオルガンを始め、電子オルガン、ソルフェージュのレッスンを通して音楽の教育を受ける。高校在学中にマンドリン・オーケストラ、ロック/フォーク・バンドを経験、早稲田大学在学中に所属したハイ・ソサェティ・オーケストラにおいてジャズ・ピアノ、ヴァイブを始める。ヴァイブを浜田均氏、アレンジを北川祐氏に師事。1987-89年バークリー音楽大学作曲科に学び、ゲイリー・バートン(Vib)に師事、デューク・エリントン奨学金を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

 

図が多くてわかり易い。 コラムなんかも充実しているので、楽器はやらないけどジャズ好きな人も楽しめるんじゃないかな。

 

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ジャズって何だろう?/第2章 コードの「三原色」-基本はCGF/第3章 楽器で話そうージャズの言葉/第4章 リズムは「しぶや・おかちまち」-「ノリ」の秘密/第5章 コードが消えた?!-モード演奏に挑戦/第6章 カッコいい響きーコードの「変色」/第7章 「あいうえお」から「ハナモゲラ」へースケール自由自在/第8章 リズムは奥深いぞーリズムのバリエーション/第9章 ジャズは心意気だージャムセッション 

 

結構実践に即したメソッドがたくさん盛り込まれている印象。と言っても私はジャズなんてドのつく初心者なので、これを頼りに色々勉強進めていこうかなと思っています。