音楽地獄!

鍵盤楽器を弾くひきこもりです。

星野源という現象

残念ながら私は「逃げ恥」のドラマを見てないので、ドラマが流行しているという中での文脈でヒットを語ることはできません。あと別にそんなに詳しくないです。そのくせ仰々しいタイトルつけちゃったけど、星野源ってひとつのムーブメントだなあと感じるのです。


 



 なぜ「恋」なのか

「夫婦を超えてゆけ」という単語が個人的にはめちゃめちゃ印象的。おそらくこれドラマにも絡んだ歌詞なんだろうなって思うけど、先に述べた通りドラマは見ていないのであまりわからない。

とりあえずね、 一ヶ月前の自分のツイートを使いまわします。
※体言止めや倒置が文章じゃないかのような言い回しをしてるけど「”ひねりのない”文章」って意味で捉えてくだされ

 

夫婦の歌のようで「恋」の歌

もう一つ好きな箇所があって、サビ最後の「恋をしたの あなたの 指の混ざり 頬の香り」この部分。これ完全に恋しちゃってるよね。 そもそも先に「恋をしたの」って言ってるしね。ここの部分が恋をうまく表現てるなあと思う。指や頬っていう具体的なパーツを挙げて肉感的な要素をうっすらと、一瞬だけほのめかしている。でも爽やかな表現にとどまっている。憎いな。

 

まあ、星野源は好きです。